【新書資訊】関周一著,『中世の唐物と伝来技術』
関周一著,『中世の唐物と伝来技術』東京:吉川弘文館,2014。
出版年月日 2014/12/15
ISBN           9784642029230
A5・264頁
簡介:
唐物作為禮物以及獻上物,對日本中世時期的統治階級而言是相當重要的物品。本書考察各地商人在交易上扮演的角色,並詳述從進口到消費為止的經過,同時討論外交使節在此的意義。
另外,鐵炮的製造技術傳入種子島的過程為何?鐵炮、水車、造船等技術又是如何自中國及朝鮮半島傳入日本?本書也將討論這些部分,以描繪東亞海域中物與技術的交流。
 
目次:
序章
唐物の流通と消費(古代における唐物/中世における唐物の輸入/京都における唐物の消費/島津氏・大内氏による唐物贈与/「御物」の成立とその意義/博多・鎌倉における唐物)
香料の道と日本・朝鮮・琉球(日本の香料輸入ルートの変遷/搭載植物からみた新安沈没船/第二期の香料輸入ルートと琉球/琉球の香料貿易/香料消費の変遷/朝鮮の香料輸入とその消費)
大蔵経・貨幣と日本国王使(足利義持期の日本国王使―大蔵経・大蔵経板への執着/足利義教・義勝期の日本国王使―請経使と通信使への対応/足利義政期の日本国王使―特定寺院のための遣使/朝鮮貨幣を求めた日本国王使)以下細目略
鉄砲の生産技術の伝来
朝鮮王朝に伝えられた日本の技術
中世後期における唐人をめぐる意識

 

 

地址:11529 臺北市南港區研究院路二段128號 中央研究院中國文哲研究所 703室
電話:+886(2)-2789-5792  傳真:+886(2)-2651-0591  連絡信箱:eastasia@gate.sinica.edu.tw

Copyright© 2007 Institute of History and Philology. All Rights Reserved
刊頭使用圖片由東京國立博物館提供 禁止複製
Image:TNM Image Archives Source: http://TnmArchives.jp/