東アジアのなかの建長寺 宗教・政治・文化が交叉する禅の聖地
東アジアのなかの建長寺  宗教・政治・文化が交叉する禅の聖地
作者:村井章介 編
出版社:東京:勉誠出版
出版日期:2014年11月
頁數:512

簡介:

禅が描き出す東アジア交流史

渡来僧蘭渓道隆を開山とし、日中の僧が集う宋朝禅を伝える道場として、また、北条得宗家による宗教政策の中枢としてあり、その後の幕府と禅僧の関係の基盤を築いた建長寺。
ヒト・モノ・文化の結節点としてあった「場」に着目することで、日本と東アジアを結ぶ「禅」という紐帯の歴史的意義を明らかにする。

 

目次

序言 村井章介

東アジアのなかの建長寺
蘭渓道隆の渡日をめぐる人脈―「東アジアのなかの建長寺」序説 村井章介
東アジアをつなぐ禅思想―グローバルな禅 横内裕人
中世「江湖」の思想へ 東島誠
博多と鎌倉―鎌倉時代の日本禅宗界 伊藤幸司
北条時頼とその時代 高橋典幸
北条氏の政治思想 本郷恵子
鎌倉における仏教史点描 高橋秀榮
建長寺略史―禅の源流から本流へ 三浦浩樹

蘭渓道隆と建長寺
蘭渓道隆と泉涌寺僧の交流―南宋禅教僧と泉涌寺の両ネットワークから見る 西谷功
建長寺の開山―蘭渓道隆と北条時頼 舘隆志
❖コラム―道隆出蜀 彭丹
蘭渓道隆の墨蹟 西尾賢隆
建長寺の蘭渓道隆像 高橋真作
❖コラム―蘭渓道隆の頂相―建仁寺西来院調査報告を中心に 浅見龍介
中世鎌倉の渡来僧─建長寺・円覚寺を中心として 佐藤秀孝
建長寺船の派遣とその成果 榎本渉
❖コラム―建長寺と称名寺―清規・規式を通して 永村眞

禅宗と政治
鎌倉仏教と禅 菊地大樹
鎌倉幕府と禅宗 中村翼
北条得宗家の禅宗信仰を見直す―時頼・時宗と渡来僧との交際から 橋本雄
❖コラム―建長寺創建本尊と北条時頼の信仰 瀨谷貴之
日本五山と呉越国・北宋・南宋 西山美香
室町時代の鎌倉禅林 川本慎自
鎌倉五山・京都五山と尼五山 山家浩樹

禅林の文化
中世都市鎌倉と禅宗寺院 高橋慎一朗
『建長寺指図』と仏殿・法堂・衆寮 野村俊一
鎌倉の禅宗庭園 三浦彩子
鎌倉の中世石造物と建長寺開山塔―その造立背景 古田土俊一
建長寺の伽藍神と聖僧 奥健夫
❖コラム―鎌倉禅林と「鎌倉派」仏画 林温
鎌倉時代禅宗寺院の喫茶 祢津宗伸
建長寺の学問―玉隠英璵を中心に 西岡芳文
鎌倉武士と和歌―続後拾遺集をめぐって 小川剛生

資料
❖建長寺略年表・建長寺住持位次・大覚派法系図 三浦浩樹
❖蘭渓道隆ゆかりのお寺について―全国に残る蘭渓道隆の開山及び由縁寺院を訪ねて 鈴木佐
❖各地に残る蘭渓道隆像 鈴木佐
❖鎌倉禅研究会特別講義記録

あとがき 大本山建長寺

 

資料來源:

http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100397

 

 

地址:11529 臺北市南港區研究院路二段128號 中央研究院中國文哲研究所 703室
電話:+886(2)-2789-5792  傳真:+886(2)-2651-0591  連絡信箱:eastasia@gate.sinica.edu.tw

Copyright© 2007 Institute of History and Philology. All Rights Reserved
刊頭使用圖片由東京國立博物館提供 禁止複製
Image:TNM Image Archives Source: http://TnmArchives.jp/